2011年1月 Archive


TPAMショーケース(国際舞台芸術ミーティング in 横浜2011)参加作品
A TPAM Showcase (Performing Arts Meeting in Yokohama 2011) Entry

ARICA第19回新作公演
 『蝶の夢 / Butterfly Dream』


首つり男よ、
見る前に、飛べ!
Hang Man,
Leap before you look !


空間を読み、音を積み上げ、光を計る。いつも緻密な仕掛けを準備して、ARICA は舞台に臨んでいる。
しかし、そこに何かを起こすのは、結局、舞台に立つ人間だ。毎日首をくくり続 ける鋭利な男と、深遠な意識に体を充たしゆっくり歩行する女が、企て を超え た事件を起こす。何が起こるのか誰にもわからない、私たちはその目撃者になる。

構成・演出:藤田康城

出演:首くくり栲象 安藤朋子

音楽・演奏:猿山修 高橋永二郎

制作:前田圭蔵

日時
2/17 (Thu) 19:30、18 (Fri) 14:00 & 19:30 (1 hour performance)
受付開始は開演時間の30分前を予定しています。

会場
BankART1929 Studio NYK(横浜市中区海岸通3-9) 
www.bankart1929.com

料金
前売:3,000円 当日:3,500円 
学生およびTPAMパスをお持ちの方:2,000円

ご予約はこちら


首くくり栲象は、1960年代から伝説の美術家風倉匠、高松次郎、松澤宥らとの交 流を重ねてきたアクショニスト。 1997年より現在まで10数年もの間、毎日自庭 で首を吊り続けるという高踏行為を刻んでいる。対する安藤朋子は、故太田省吾 の転形劇場から始まって現 ARICAに至るまで、無二の特異な身体表現を もって実践を続けている。この二人をARICA演出家・藤田康城が奇跡的に遭遇さ せた。 二人が閃光のように一瞬交錯する、滑稽にして哀感深い前代未聞のパ フォーマンス。


 主催:ARICA

 助成:公益財団法人セゾン文化財団

 協力:BankART 1929、PARC- 国際舞台芸術交流センター