ARICA 第24回公演「ネエアンタ」

eljoe-hp.jpg


2013年2月28日→3月3日
森下スタジオCスタジオ

深遠の闇に潜むベケットを、今、
まばゆい光のなかへ剥き出しにせよ!

ニューヨークに飛んだダンス界の風雲児 山崎広太
太田省吾からARICAへ進化を続ける 安藤朋子

演出・テクスト構成:藤田康城
テクスト協力:倉石信乃
出演:山崎広太・安藤朋子

日時 
2013年
2月28日(木)19:30
3月1日(金)19:30
3月2日(土)15:00
3月3日(日)15:00 
*開場は開演の30分前

料金
一般/前売¥3,800 当日¥4,000
学生/前売¥2,800 当日¥3,000
*ご来場時に学生証をご提示下さい。
全席自由・税込み・整理番号順のご入場となります。
チケット 1月7日(月)発売

お申し込みはこちら
0120-240-540(平日10:00~18:00)
カンフェティのシステムを利用しています。
会員登録(無料)→ご予約→セブンイレブンで発券
(発行手数料がかかります)

お問い合わせ
info@aricatheatercompany.com

会場
森下スタジオCスタジオ


「踊らないダンスに興味がありますか?」
と問うた。
「ダンサーにとって、踊らないことで成立するダンスが、
最終的な目標なのではないかな。」と彼は答えた。

サミュエル・ベケットがテレビドラマとして書いた、
「ねえジョウ」という作品がある。それはこんな話だ。

くたびれた中年の男がひとり。しばらくするとどこからか女の声が聞こえる。
どうも、その男の惨めな半生を語っているらしい。
そして、その女は昔、男と関係があったようだ。
女の声は、男のみすぼらしい生活をしゃべり、男に振られ、
ついに海で自死した「緑の女」の顛末を語る。
男は、見えない死者である女の視線を感じ、声を聞き、
おびえと同時に奇妙な幸福感をたたえた表情を浮かべ、佇んでいる。

気が滅入る話だ。しかし、かつて見た映像において、ベケットが
男にいっさい言葉を語らせず、透明感のあるリズミカルな女の声によって
追い込まれる、男の身体と表情の情調は、確かに凄みがあった。
言葉のない男と、死者の女の物語。

気鬱なベケットに抗いつつ、滑稽であり、かつ凄みをも持った、
私たちの「言葉のない男」を探していた。
それが山崎広太だった。

演出 藤田康城



助成:芸術文化振興基金、公益財団法人セゾン文化財団
主催:ARICA